30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。

MENU

【妊活(不妊治療)ブログ】「精液検査」に挑戦。

 

目次

 

 

初診で受け取った 精液検査の容器。

はて、どうしよう。

 

旦那様に感謝

とりあえず、旦那様に 病院に行ったことを 伝えたました。

「いった方がいいのかなぁ」なんて 独り言は 言っていましたが、予約をとったことまでは 内緒にしてました。正直に 自分の体に 自信がなかったから。ガリガリだし、生理も まともにくることないし。

 

そしたらなんと、旦那様。

「病院に行ってくれて ありがとう」と。

 

まぁぁ、なんて いい旦那様。。。

 

で、

「精液検査の話を言われたんよ、」と、遠慮がちに言ってみたら、

「うん、やろう。」て。

「明日の朝?これに 入れたらいいの?」て。軽い。

 

まぁぁ、なんて いい旦那様。。。

 

旦那様に 出会えたことは、私にとって 人生最大のラッキーだと思っています。

あまり まっとうな人生を 生きてこなかった私が、こんなラッキーに出会えるなんて。感謝しかない。

 

世の中の、妊活をはじめる 夫婦の 旦那様に すごく言いたい。

 

「病院に 行ってくれてありがとう。」

 

って 奥さんに言ってあげてください!

救われます。 

 

 

 

病院へ精子もってく

翌日、病院の混雑状況もあるから 事前に電話をくださいと 言われていたので、行く前に病院に 電話したら、前日までに 電話が必要だったらしく 電話のお姉さんを 少し動揺させてました。

 

よく理解できてなくて ごめんなさい…

 

容器を お腹の皮膚に 直接あてて、上から 腹巻をして。外気に触れる側は タオルも入れて。

旦那様は 体温高いので、冷え性の私が 冷やさないかとっても ドキドキ。

 

病院について、受付の人の目の前で 容器をお腹から出して 袋に移して 渡しました。

受付の前で お腹から出すとか おかしいのかな?

本当は 車で袋にうつしておくもの?

悩んだのですが、大切なものを 冷やすわけにはいきません。

私、変な人で いいです。はい。もともと 変だし。

 

 

今日は 提出だけ。

早々と帰りました。

 

なんか めちゃドキドキした。笑