30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。

MENU

【妊活(不妊治療)ブログ】人工授精1回目

 

いよいよ 人工授精 初挑戦です。ドキドキ。

 目次

 

 

精液採取

仕事前の 旦那様。私が起きた時には、採取してくれていた。ありがたく受け取って、名前を書いたシールを貼る。

精液検査のときと同様、私のお腹の皮膚に 直接あて、腹巻をして、外気側には タオルを詰めた。冷やさないように、大切に、、、容器は意外と大きく、こぶし大くらい。扱いにくい。

 

旦那様を お見送りし、私も 身支度。落とさないように、振らないように、おそるおそる。着る服も 考えて、お腹に入れてても 目立たないような、太めのパンツに ゆるいニット。お腹が出ているのを隠すために、斜め掛けのカバン。

 

病院へ

病院の受付へ そのまま容器を渡します。受付に行くまで 腹巻の下に入れて、受付で お腹から出して 渡しました。精液検査の時も 悩みましたが、これって恥ずかしいのか?車でカバンに移しておくものか?

悩んでみましたが、いやいや。旦那様から預かった 大切なものです。粗末には できません。受付でお腹から出します。なんとでも思ってくれ。

 

人工授精

15~20分ほど待って、呼ばれて診察室に入り、いつもの診察台へ。突然カーテンを開いて 先生が顔を出し、親指2本分くらいの 透明な容器を 見せてくれた。薄い黄色の液体が 入ってる。

「これね、ちゃんと精製したからね。これから 入れるからね。」

まさか 見せてくれるとは… 私 ひどい体勢だし。びっくり。笑

 

入れる時に関しては、私は 超音波検査と 違いがわかりません。見えないし。ただ、ちょっと痛い…。

終了後に、精液の 精製前 と 精製後の評価表を渡してくれた。

「これね、量と濃度は問題ないけど、ちょっと運動率が低いかな? 精製して、元気なのだけになってるからね。」

精製することで、運動率の良い 元気な精子だけを凝縮して 女性体内へ入れる ということですね。

 

人工授精は 痛みもほとんどないから 大丈夫、と事前に 言われていたのですが、入れるときに 少し痛みがあり、家に帰った今も 少々腹痛があります。まぁ、普通に生活できる程度です。

はて、どうなるかな~。