30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。

MENU

【妊活(不妊治療)ブログ】人工授精後の 排卵痛 激痛!! OHSS(卵巣過剰刺激症候群)?

 

目次

 

 

痛み

昨日の昼12時前頃から お腹が痛くなった… なんだ??おへその下と、その両脇。3か所、はっきり わかる。チクチク痛い。ほおっておいたのだけど、どんどん悪化。下腹部全体が 痛くなってきた。

横になったまま 15時過ぎ、どうにも耐えられない痛みになってきた。いやいや、おかしい。呼吸するのも お腹に響く。苦しい。。

とりあえず 鎮痛剤を飲むことにした。薬を取りに行こうと起き上がったら、わ、無理。一気に前が見えなくなる。やばいぞ。

 

もう 本当にきつかった。

鎮痛剤を飲むと、30分ほどで 頭がすっきり。頭痛も ひどかったみたい。1時間を超えたくらいから、やっと腹痛も ましになってきた。完全には なおらないけど、とりあえず 呼吸は響かない。や、ありがあたい。痛い時って 呼吸浅くなるけど、あれ だめでしょ。内臓系の痛みなら 呼吸しなきゃ。

でも 寝返りしたりするだけで お腹に激痛走るので、横になったま、じっとしてました。冷やしちゃいけないので 毛布でお腹ぐるぐるにして。

 

鎮痛剤が 切れて来る夜には 熱が出ていた(37.8度)ので、21時頃に 再度 鎮痛剤を飲んで 布団に入りました。 

 

原因(たぶん)

横になったまま、さすがに 怖くてネットで調べました。おそらく、『排卵痛』。

排卵促進のHCG注射を打ってから、36時間~40時間で 排卵するそうです。(サイトによって 幅は ありました) 私が 痛みを感じ始めたのは、注射から 約42時間後。だいたい すべての反応が鈍い私の身体なので、おそらく 排卵の時間。痛みも、両脇にあったので 卵巣だったのだと思います。

 

さらに調べていくと、『OHSS(卵巣過剰刺激症候群)』に行きつきました。

hCGの注射後に起こるもので、卵巣が大きくなって、下腹部不快感・痛みなどを起こすそうです。クロミッドを服用してHCG注射をする場合、ほぼ全例がOHSSの「軽症」の状態になっている と書いているサイトもありました。「軽傷」なら 安静と痛み止め のみで経過を見るそうです。でも「重症」になると 腹水がたまったり、入院するほどになるとか。

 

この痛みは「重症」では…??(←びびり。)

 

 

 病院へ相談

日があけて、今日は ましです。痛み止めなしでも、座ってられます。ほっ。。

でも 今後の妊活に響くと怖いので、病院に電話しました。基本我慢するタイプなので、こんなことで 電話していいのかな? 迷惑がられないかな?日曜日だし 嫌がられるかな? とドキドキしました。小さな人間です。

でも 電話口の女性の方は とてもやさしく、親身に話を聞いてくださいました。きちんと調べて 折り返してくださり、「今現在 痛くないのなら 大丈夫ですよ。痛み止めを 上手に使って 調整してあげてください。」とのこと。ほっ。。

「もし また痛みがひどくなったりしたら、遠慮なく電話してくださいね。我慢しなくていいですから。」と。なんと おやさしい… 涙 

この病院、看護師さんが みなさんやさしくて ほんとにありがたいです。 

 

独り身のときは、少々のことなら 気にせず無理をしていました。死にはしない程度。が、子供が欲しいいま、慎重になります。スムーズに子供できてほしい。旦那様のためにも。

まともに働きもしないで 贅沢な、という自分の葛藤と、妊活のため、と、もんもんする日々です。

 

もんもん。。

 

とりあえず お腹の痛みが ましになってよかったー。 まだ痛いけど。