30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。

MENU

《不妊治療》『不妊症』とは? 先生が教えてくれた 意外な「不妊の原因」…

 

 

目次

 

f:id:buuuyan:20200709150617p:plain

病院に通い始めてすぐ、病院が開催する「妊活教室」に行ってきました。行ったときは、先生の話が難しすぎて よくわからなかったのですが(笑) 後から資料を見返してびっくり、とても参考になることがたくさん書いてあるじゃないですか!現在治療中なので、書いてあることがわかるようになったようです。

 

素人だからこそ、「わかりやすく」まとめておこうと思います。誰かの参考になれば。(※私に医学的知識はありません。)

 

 

『不妊症』の定義

正常な夫婦生活をおくっていて、1年を 経ても妊娠しない場合を指します。

 

ここで大事。「正常な夫婦生活」って? 

週に2回の性交渉だそうです。

我が家はここが足りなかったですね。でも30歳代後半の夫婦、仕事しながら毎日の生活で、なかなか、、ね。 

 

 

 

不妊症の割合

上記の定義を満たす不妊の夫婦は、日本では 5~10組に1組

女性の晩婚化、性感染症の増加、子宮内膜症患者の増加などが理由で、近年増えて行っているそうです。不妊にもいろんな状態の人がいますしね、納得です。

 

 

不妊の男女の割合

女性のみ 41%

男性のみ 24%

男性女性とも 24%

以外に男性の比率が多くて驚きました。

 

 

不妊の原因

原因はいろいろありますね。こちらにまとめています。

buuuyan.net

 

 

ただ、不妊で有名な大きな病院で、相応の研究をしてきたと言われる先生が言ったこと。

不妊の原因は、大半が『不明』です。信じられないようだけど、そういうもの。」

 

え…

 

上記の項目に 当てはまれば原因特定できます。でも実際、現場で多くの不妊治療を経験してきた先生いわく、上記の項目に あてはまらない「原因不明」患者が ほとんどだそう。

卵子や精子が 受精していないのかもしれないし、着床できていないのかもしれないし、今の医療技術では そのあたりは わからないそうです。

 

そんな、意外でした。。

「不明」の人はごく一部なのかと…

 

だからこそ、先生は、はやく不妊治療を開始するように すすめてらっしゃった

原因がわからない人が大半なのに、探っている時間がもったいない。と。

仮に原因がわかっても、それ以外の「不明」の原因を持っているかもしれない。と。

 

年齢が上がるとともに妊娠率は下がり、流産率は上がるのだから、35歳超えているなら特に!!と。

 

…はい。

 

 

 

『不妊検査』

とはいっても、できるなら 検査はしたいですよね。原因がわかれば 対策がわかる。妊娠までの 時間短縮に つながるはず!

私が実際に 病院でやってもらった検査を こちらにまとめました。

ninnkatsu.hatenablog.jp

 

 

『不妊治療』

こちらに まとめて書いてます。

ninnkatsu.hatenablog.jp

 

  

最後に

 いろいろ勉強したことをまとめてみましたが、私から個人的におすすめしたいこと。

まず、病院で検査をしてください!!

 

私も のらりくらりしてたのですが、病院で ひととおり検査してもらって、異常があるとわかりました。てことは、このまま いくら待っても 子供は やってこないってこと。

 

ふたりで自然妊娠を希望していましたが、卵胞を育てて排卵させるお薬は すぐに使いはじめました。だって、そうしないと 卵がないんだもん。無駄な時間では ないですか。たとえ薬を使っても、ほぼ自然妊娠です。

 そしてきちんと勉強して、ふたり以上子供がほしい私たちは、現在は人工授精に挑戦中です。だめなら 体外受精も考えます。お金ないけど。

 

無駄な時間になっていないか、の確認です。異常が判明しなければ、もう少し自然妊娠を頑張ってもいいですし。(今の医療ではわからない原因があるのかもですが。) 

とにかく、すっきりは しますしね。

とりあえず、まずは検査をおすすめします。気楽に、ね。