アラフォー30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だそうです。

MENU

《不妊治療》排卵「後」の人工授精でも、妊娠できるの?妊娠率に差はないの?

 

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の、30代後半の新米主婦のブログです。

いつも人工授精は、hCG注射の「翌日」に行っていました。

が、先日 トラブルがあり、hCG注射の「翌々日」になってしまいました。

つまり、人工授精の精子の投入が、排卵「後」となりました。

問題ないのでしょうか…?

 

排卵「後」人工授精でも、妊娠できますか?

f:id:buuuyan:20210206185508j:plain

 

 

 目次

 

 

 

人工授精を行うのは、基本は 排卵「前」。

人工授精を行う(精子を女性の身体に入れる)時間は、基本、「hCG注射からの時間」で決められているようです。その「時間」は明確には決められておらず、hCG注射の当日 or 翌日に行う病院がほとんどのようです。

人工授精は、「hCG注射」の当日 or 翌日に行う。

f:id:buuuyan:20210303160848j:plain

 

 では、「hCG注射」を打つと、何時間後に排卵するのでしょか?

「hCG注射」後、36~40時間後に 排卵する。

通常「hCG注射」を打つと、36~40時間後に排卵するそうです。なので、人工授精を「hCG注射」の当日に行う場合も 翌日に行う場合も、(病院の開院から閉院までの間に通院するとすると) 必ず 人工授精は 排卵「前」になりますね。

人工授精は、基本 排卵「前」に行う。

f:id:buuuyan:20210206185517j:plain

排卵「前」ということは、排卵したときに 精子が待ち構えている状態です。タイミング療法を勉強しているときに、排卵したときに、精子が待ち構えている状態が好ましい」とよく見ました。人工授精もそうなってますね!

 

ちなみに、この「hCG注射」後『排卵』までの時間については、ネット上には いろんな時間が出ています。約36~40時間後、約24~36時間後、24時間以内、などなど様々です。今回「36~40時間後」を採用しているのは、様々な論文などを出して 不妊治療について深堀りしているサイトを参考にしました。そして私が通っている病院も、「必ず36時間以降」と言っています。

 

 

排卵「後」の人工授精でも 妊娠できるの?

ここから本題。今回、私の人工授精は hCG注射の「翌々日」になってしまいました。つまり、人工授精の精子の投入が、排卵「後」でした。妊娠できる可能性は あるのでしょうか…?

排卵「後」の人工授精でも、妊娠率に 差はない!

f:id:buuuyan:20210215112614j:plain

結論、排卵「後」の人工授精でも、問題ないそうです。妊娠率に差は出ないそうです。あまり明確な論文はないようですが、とある病院が データをとって検証してくださっていました。(下部参照) 結果、妊娠率に差は なかったそうです。数百~数千の症例のデータを取ってくださっているので、信頼できそうです。こういうデータを 発信してくださる病院に、感謝です。^^

 

 

排卵の「前」「後」は、決まっていない。

受精卵が育つスピードが 人それぞれ異なるように、子宮側の準備が整う時間(着床の窓)も 人それぞれ異なるそうです。なので、人工授精が排卵「前」がいいのか「後」がいいのか、実は 明確には決まっていないようです。人それぞれなのだから、いろいろな時間で試してみたらいいのでしょうが、人工授精の妊娠率はたかだか10%弱なので、明確に検証できないみたいですね。

やはり、「不妊治療」は未解明なことだらけってことですね。^^

 

 

とりあえず、ホッとしました。

ひとつづつ、すこしづつ、です。。。

f:id:buuuyan:20210215190619j:plain

 

 

 

参考にさせていただいたサイト

排卵後の人工授精は意味があるの?(当院の成績) - 〜亀田IVFクリニック幕張のブログ〜 

f:id:buuuyan:20210206191359j:plain