アラフォー30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だそうです。

MENU

《不妊治療》『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』の原因は?治療で妊娠できるようになるの?

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の30代後半の新米主婦のブログです。

またまた今更ですが、私が診断された『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』。実はよくわからないことがたくさん…。

『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は どんな病気?』

『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の 原因は?』

『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は 治療で妊娠できるようになるの?』

f:id:buuuyan:20200919005353p:plain

 

調べたことは何度かあるのですが、バラバラ情報で、忘れやすい私は思い出せません。悲 ということで、備忘録もかねて、またいちから 調べなおしました(/・ω・)/☆彡

 

目次

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』はどんな病気?

定義は、「両側の卵巣が腫大・肥厚・多嚢胞化し、月経異常や不妊に多毛・男性化・肥満などを伴う症候群」とされているそうです。

・女性の約5~10%にみられる。

・不妊の一番の原因と言われている。

小さな卵胞がたくさんできる。(=多嚢胞化) それにより、卵巣が腫れて大きくなる。

・それら卵胞が 成長しない。もしくは 排卵できない排卵が遅れる

・インスリンの作用に対する細胞の反応性が低下した状態(インスリン抵抗性または前糖尿病)の人が多くみられる。

f:id:buuuyan:20201028181832j:plain

難しいのですが、『排卵が上手にできない』というのが一番の問題ですね! 

 

 

 

 

『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』の原因は?

・完全に 解明されているわけではない。

・女性ホルモンのバランスの崩れ・男性ホルモンの増加により、排卵が 障害される。卵質が 低下する。

インスリン抵抗性・高インスリン血症が ホルモンバランスを乱す。

「インスリンの異常」については、まだ研究中なのかな? 「PCOSの人には、インスリン抵抗性を示す人が多くみられる」「インスリン抵抗性を改善すると、PCOSの症状が改善された」という記載のサイトが多くみられました。「PCOSの原因だ!」とはまだ断定できない状況なのかな? 中には、明確に「PCOSの原因だ」と言っているサイトもあります。おそらく インスリン抵抗性は PCOSの原因の一つ で間違いないんでしょうね。

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』の症状は?

・ホルモンバランスの乱れ、排卵障害による「月経異常」。

・男性ホルモンの増加による多毛などの「男性化兆候」。

・インスリンの異常による「肥満」。 

人により、症状の出方は異なるそうです。日本人は、男性ホルモンの影響は あまり見られないそうですし、私は「肥満」とは 無縁の体質です。

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』の診断基準は?

・「月経異常」がある。

・卵巣に「多数の小さな卵胞」が確認される。(超音波断層法検査)

・「血中ホルモンの異常」がある。

上記3つが揃うと、『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』と診断されます。 

3つ目の「血中ホルモンの異常」について、覚書で ちょっと深堀りします。「血中ホルモンの異常」とは、生理3日目前後の血液検査で、以下のいずれかに 当たる場合。

・血中男性ホルモン高値

・LH基礎値高値かつ FSH基礎値正常

・LH≧ 7mIU/ml(正常女性の平均値+1×標準偏差)かつLH≧ FSH

・BMI≧ 25(肥満)の人は LH≧ FSHのみ

私は、2番目3番目に当たります。先生は、シンプルに「LH≧ FSH」のみ伝えてくださいました。ここは、「血中ホルモンの異常」とだけ覚えてもいいかもです。^^;

f:id:buuuyan:20201028181837j:plain

 

 

 

『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』の治療は?

妊娠を希望していない場合は、低用量ピル(経口避妊薬)等のホルモン剤を用いる。

妊娠を希望している場合は、排卵誘発剤により排卵させる。腹腔鏡下卵巣開孔術という手術が検討されることもある。

・肥満があれば 減量・運動。

私が気になるのは、2つ目の「妊娠を希望する場合について」です。排卵誘発剤で、『妊娠は可能なの?手術が必要なの?』ということ。以下に続きます。

 

 

 

『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』治療で妊娠できるようになるの?

気になるのは ここですね。

★結論★

PCOSでも、

『治療』により妊娠できそうです! !

f:id:buuuyan:20200923201801p:plain

その『治療』は以下4つ。ちなみに、この病気でも 若い人なんかだと、「自然」妊娠できている人も 稀ですが いるそうなんです。「全く排卵できない」と断定されたわけじゃないんですね。

 

 

①薬による排卵誘発

この病気は 「排卵しにくい」ので、「排卵させること」が一番の治療です。お薬で排卵させます。(ホルモン療法・排卵誘発法)  私も 実際に行っています。→《不妊治療》『ホルモン療法』とは? 『排卵誘発法』。副作用が つらそう… - 30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

調べていて驚いたのは ここから。卵胞発育刺激が弱いと、卵胞は育たないですよね。でも 卵胞発育刺激が強いと、PCOSの人は もともと たくさんの小さな卵胞が おなかの中にできているので、一度に たくさんの卵胞が発育してしまい、『卵巣過剰症候群』になっちゃうんだそう。私も 一度なりました。→【妊活(不妊治療)ブログ】人工授精後の 排卵痛 激痛!! OHSS(卵巣過剰刺激症候群)? - 30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ お薬による 卵胞発育刺激は、強くてもダメ、 弱くてもダメ、「ちょうどいい刺激」の調節が 難しいのだそう。(''Д'')

なるほど。実際に私は、卵胞発育刺激として「クロミッド」を マニュアル通り(1錠×5日間)に服用して 卵巣過剰症候群に苦しみ、翌月は「クロミッド」の服用量を減らしました。(1/2錠×3日間) ちょうどよい卵胞数1~2個を発育させるように調節するのは なかなか大変なんですね。前回「1個だけ」育ったのは、すごいことだったんだ!と驚いています。

  

②腹腔鏡下手術

手術で卵巣の表面に穴をあけ、排卵しやすくする方法も あるそうです。

私はいつも排卵しているかどうかを 超音波検査で確認しています。HCG注射(排卵注射)後は、卵巣の中の卵胞は いつもなくなっていて、「きちんと排卵できているよ」と確認してもらっているので、手術の必要はないんでしょうね。ほっ。。

 

③体外受精

『体外受精』に切り替える ということも 治療のひとつなんだです。お薬で卵胞さえ育てば、『体外受精』は 排卵する前に 採卵(卵を取る)っちゃうんですから、排卵はできなくても問題なくなるんです。むしろ 卵胞が多く存在するので たくさん採卵でき、凍結保存して スムーズに体外受精に取り組める人も 多いようです。(※逆に卵胞がたくさんあるけど育たないタイプの人もいるし、卵胞の中身が空だとか、質の問題とかもあるので 一概には言えないです。) メリットもあるなんて、なんだか不思議ですね。

 

④インスリン異常に対する服薬

インスリン抵抗性・高インスリン血症がホルモンバランスを乱す原因のひとつと考えられています。なので、糖尿病の治療に用いる『メトホルミン』などの薬を服用し、インスリンを正常化させます。インスリンの異常が改善されると、多嚢胞性卵巣症候群が改善される事例が たくさん出ているそうです。

 

 

まとめ

・『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』とは、「排卵が上手にできない」病気。

・「ホルモン療法」で 排卵は調節できる場合が多く、妊娠は可能!

・「体外受精」に切り替えることも 選択肢のひとつ。

・「インスリンの異常」を改善すれば、病気自体が 治る可能性がある。

f:id:buuuyan:20200923201819p:plain

という感じでした☆彡 ただ、「排卵が上手にできない」だけでなく、「卵質の低下」も起こる可能性があるというサイトも少しですが、ありました。ほかのいろんな事例もりますし、『妊娠は可能』というのは、「絶対」ではないです。

 

 

 

次の課題「インスリン抵抗性」

『まとめ』の最後の「インスリン」問題。

「インスリン抵抗性」って、要は「糖尿病」の前段階のようなもの。

てことは、普段の食事とかで改善もできるの?

でも、私は痩せ型で、食事のカロリーは少なめ。はて…??

f:id:buuuyan:20200923201807p:plain

体外受精に移れば 気にしなるかとも思ったのですが、、

男性ホルモンが増えると、「排卵障害」だけでなく、「卵質の低下」も招くそうなんです。

それは困りました!

「卵質が低下」するなら、いくらお薬で排卵できていても、妊娠できないではないですか!

なら根本改善。インスリン抵抗性は確認したほうがいい!

ちょっと調べてみる価値がありそうですね…。疑問が尽きません。

 

あまり理屈っぽくは なりたくないのですが、、、命が できるのですよ。すごいことですよ。人工的に 命が できるなんて。人工授精までは そこまで気にしてませんでしたが、それ以上となると、少し 考えが変わりますね。できるなら、人工授精で できてほしいなぁ。そう思うなら、まずは仕事減らして、パソコンに向かって難しいこと考えるの やめた方がいいのですが。笑 そうやって 生きられないのです。人間は 矛盾の生き物です。おもしろいですねー。

 

 

 

参考にしたサイト

多のう胞性卵巣と言われました。どのような病気ですか – 日本産婦人科医会

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) - 22. 女性の健康上の問題 - MSDマニュアル家庭版

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)でお悩みの方へ | 大津市 医療法人 木下レディースクリニック

 f:id:buuuyan:20200923201751p:plain

 

 

 

 

f:id:buuuyan:20200709150617p:plain