アラフォー30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だそうです。

MENU

【妊活(不妊治療)ブログ】人工授精4回目、ダメでした。夫婦の会話。

 

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の、30代後半の新米主婦のブログです。

人工授精4回目を行い、結果を待っていましたが、生理が 来てしまいました。

 

 目次

 

 

 

 

生理が来ました。

トラブル続きながらも なんとか 無事に挑戦できた 人工授精4回目。

残念ながら、生理が来てしまいました。今回もダメでしたねぇ。

身体を冷やさないように かなり気を付けたのだけど… なかなかですね。

28日目に生理が来てくれたことで、いつものツライ生理「前」症状は少なくて済みました。

が、生理は重いです。

全身の力を使って 血だすぞぉ!全部出すぞぉぉ!絞り出すぞぉ!!

って体が頑張っている感じです。笑

 

血の量も多いし、腹痛だけでなく頭痛、身体の痛み、今回はひどいなぁぁ。

鎮痛剤の効きも悪い。

やれやれ。

 

 

 

夫婦の関係性

不妊治療について、夫婦の関係性ってみなさん どんな感じですか?

我が家は、旦那様は あまり関与しません。

いつも 私の報告を聞いて、精子を提供してもらっているだけ。な感じ。失礼に聞こえますね。汗 

たぶん 私の体の なにがダメで妊娠できないのかさえ、知らないと思います。伝えてはいるけど、詳しく理解できてないんじゃないかな? 自分で調べたりするような人じゃないので。

 

あまりに無関心なことに腹が立っていた時期もありましたが、最近は、それが とても有難くなってきました。

もし、旦那様から あれやこれや言われたら、すごいプレッシャーじゃないですか…。

性格によると思いますが、私の性格だと、勝手にプレッシャーを感じて ストレスこの上ないです…。(想像)

 

今くらいが、いいのですね。ある意味、それが旦那様の「優しさ」かと思います。

こちらからお願いしたことは、抵抗なく、協力してくれますし。よく言えば、「寄り添ってくれている」感じ。「子供がほしい」という気持ちは、日に日に 伝わってきます。

 

旦那様が マメな場合は、旦那様が調べたり、体外受精のこととか 計画してくれる夫婦もあるのでしょうね。きっといろいろ。

 

 

今後の話

が、今回は、話しかけてみました。ちゃんと。

さすがに そろそろ先を考えて行動しないと…

・人工授精、5回目も挑戦するの?

・体外受精に抵抗は ないの?

・いずれ体外受精に挑戦するの?お金の準備しなきゃだよ?

・里親という選択肢は どう思う?

 

すべて、想像通りのとっても『簡単な』答えでした。笑

とりあえず、「人工授精5回目」に挑戦します。

その後 「人工授精6回目」に挑戦するか、「体外受精」に移るか、はその時考えます。

里親については、治療に挑戦することができる間は 考えない。

『いつまで』『いくらまで』挑戦するかは、「体外受精」に移る段階で考えます。

 

『今』を「ひとつづつ」考える旦那様なので、『先』のことばかり 考えて心配する私とは 大違い。私は 若い頃だったら、きっと怒っていたことでしょう。というか、旦那様とは一緒にならなかったでしょう。笑

 

歳をとって、今は、『今』の大事さがわかります。

 

 

足して2で割って ちょうどいいくらいの夫婦。

 

とりあえず、私は 自分の役目として『先』を心配して、しっかり 下調べをしておこうと思います。笑 

 

 

 

 

f:id:buuuyan:20200907164509j:plain