アラフォー30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だそうです。

MENU

【妊活(不妊治療)ブログ】なにが一番だいじ?? 夫婦の違い。

 

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の、30代後半の新米主婦のブログです。

人工授精5回目、挑戦しました。

これがダメだったら…?

 

 

 目次

 

 

なにがいちばんだいじ??

ハタと気が付けば、病院に通い始めてもうすぐ1年。

自分の年齢が37歳。やばい、「焦り」を感じました。(いまさら。。)

 

そろそろ、次のステップを考えないといけません。

来月の選択肢として考えられるのは、

①人工授精6回目

②体外受精

③里親制度

 

次に考えることは、

「なにがいちばんだいじ??」

私の答えは、

「必ず子供は2人ほしい。」

 

f:id:buuuyan:20210106213034j:plain

 

 

一人っ子は嫌なんです。どうしても。これはブレません。

3人以上は、経済的におそらく無理です。なので、「2人」。

 

いま37歳。いまから1人目を妊娠して出産して、2人目はおそらく40歳超え。

40歳超えの私の体で、妊娠できるのかしら??

ということで、

「37歳のうちに 卵子を凍結しておくべきではないか??」

という案が上がってきました。今更ですね…(^^;

 

③の里親制度を利用するなら、年齢はそんなに気にしなくていいんですよね。不妊治療と異なり、年齢を重ねることで出る問題は「子育ての体力」です。この問題なら、数年の差なら そんなに変わらないと思うのです。

でも、旦那様は「治療に挑戦できるうちは、挑戦したい」という考えだと先日聞きました。なので、2人目も『出産』を前提に計画しなければなりません。ということで、「卵子の凍結をしておく」という案がかなり有力となっています。

 

 

夫婦の違い

私の旦那様は、

『いま』を『ひとつづつ』考える人です。

は、

『さき』の心配ばかりをする人です。

f:id:buuuyan:20210106213913j:plain

 

 

なので、もちろん旦那様は「2人目」のことなんて 考える気がありません。

 

今まで、夫婦として何かを決めないといけないとき、この『違い』でよく悩みました。

私は、旦那様の考え方は尊敬しています。私にないもの。憧れます。

でも 旦那様には、私の考え方は理解できないようなんです。(私の説明不足かな?)

 

今までこの違いは、「時間」の流れが解決してきました。

が、今回はそうはいきません!!

 

『さき』=『2人目』を考えて不妊治療したい、という私の気持ちを、かなり真剣に伝えました。

ちょっとオーバーに、少し演技も入れたかも?笑、

でもそれくらい これは理解してもらいたかった。

なんとか、理解してもらうことができました。

旦那様職場の「積み立て」を崩す了承も得ました。

これがないと挑戦できないのです。

 

体外受精に挑戦します!

(今回の人工授精がダメだったら)

 

夫婦って、おもしろいですね。

 

子供ができたら、子供ともこういう違い、あるんでしょうね。

 

楽しみです。

 

 

 

 

今後のこと

今後のことです。

12月の排卵時期は旦那様の長期出張が確定したので (またかぁ…)

12月は、お休みです。

1月から、体外受精に挑戦します。

 

12月の生理が来たら、5日目までに病院でお薬処方?

そのとき「体外受精についての説明」をしてくださるそう。

1月の体外受精挑戦が、病院の正月休みにかかるかもしれないので(運悪い…)、それも併せてお話くださると。

 

がんばるぞー。

 

 

 

 

 

f:id:buuuyan:20200907164509j:plain