アラフォー30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だそうです。

MENU

《不妊治療》卵巣刺激「ショート・ロング・アンタゴニスト法」の違い① わかりやすく!どれを 選べばいいの?

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の30代後半の新米主婦のブログです。

体外受精に挑戦したく、ネットでいろいろ調べています。

今回は、『卵巣刺激法』の中で主に有名な「ロング法」「ショート法」「アンタゴニスト法」。

 

体外受精の卵巣刺激法

「ロング法」「ショート法」「アンタゴニスト法」何が違うの?

どれを選べばいいの??

f:id:buuuyan:20210206185920j:plain

 

調べても なかなか難しく、、、

なんで こんなに難しいんでしょうね…

今回は 私の脳みそでも わかる範囲で「わかりやすく」「簡潔に」をモットーに まとめています。備忘録!

 

目次

 

 

 

 

違いは『お薬の種類』と その『お薬の使い方』!

『卵巣刺激法』である「ロング法」「ショート法」「アンタゴニスト法」の違いは、使う『お薬の種類』と その『お薬の使い方』の違いだけ!

f:id:buuuyan:20210206185517j:plain

本当に ざっくり言うと、違いは『お薬の種類』と その『お薬の使い方』だけ なんです。今回は『お薬の種類』だけを まとめます。これだけ 抑えておけば、自分がどれを選べばいいか?が わかると思います。自分が選ぶ方法が決まったら、詳しく『お薬の使い方』まで学べば いいのでは?と思いました!だって 難しいから… (ー”ー )ムゥ…

 

 

卵巣刺激で 使われるお薬。

卵巣刺激で使われるお薬は、「FSH」「LH」を基準に見ると、主には4種類です。詳しくはコチラ[卵巣刺激のお薬4種類]

 

『卵胞刺激』のお薬 4種類

①GnRHアゴニスト製剤

②GnRHアンタゴニスト製剤

③FSH注射・hMG注射

④hCG注射

 

f:id:buuuyan:20210109210131j:plain

(※これはあくまで基本。実際は その人それぞれに合わせて、お薬の種類を変えたり、追加したり、するかと思います。) 

 

「ロング法」「ショート法」「アンタゴニスト法」の違いは、『この4種類のどれ(お薬の種類)を どのように(お薬の使い方) 使うか』です!

 

 

 

ショート・ロング・アンタゴニスト法の『お薬の種類』の違い。

『上記4種類のどれを 使うか(お薬の種類)』については、

※①GnRHアゴニスト と ②GnRHアンタゴニスト の違い だけ!でした。

③FSH注射・hMG注射 と ④hCG注射 のお薬は、共通のようです。

f:id:buuuyan:20210206185517j:plain

 

それぞれ まとめると、

●ショート法 …①GnRHアゴニスト点鼻 を利用する

●ロング法  …①GnRHアゴニスト点鼻 を利用する

●アンタゴニスト法 …②GnRHアンタゴニスト注射 を利用する

 

f:id:buuuyan:20201212184753j:plain 

 

 

 

それぞれの違いを、簡単に まとめます。

詳しく知りたい人は、こちらへドウゾ。→[ショート・ロング・アンタゴニスト法の違い②]

 

「ショート法」

「ショート法」は『①GnRHアゴニスト製剤』を「短期間(ショート)」利用する方法です。

お薬を利用して、短期間に、急速に、たくさん、卵胞を育る方法です。

一気に卵巣に刺激を与えるので、卵巣刺激の反応が弱い人におすすめされるようです。もちろん 刺激が強い分、卵巣の負担は大きいそうです。

 

「ロング法」

「ロング法」は、『GnRHアゴニスト製剤』を「長期間(ロング)」利用する方法です。「長期間」って 前の周期から継続することなので、かなりの 長期間です。

お薬を利用して、自然な身体から出る「FSH」「LH」を止め、人工的な「FSH」「LH」で 卵胞の成熟をコントロールする方法です。

人為的な「FSH」「LH」がメインで働くため、コントロールがしやすいそうです。

だから 採卵日も特定しやすいそうですよ!

 

  

「アンタゴニスト法」

「アンタゴニスト法」は、『GnRHアンタゴニスト製剤』を利用する方法です。

お薬を利用して、卵胞をたくさん育てることと、自然に排卵するのを止めることを 人工的に調整する方法です。

この方法は いちばん新しい方法だそうです。そして費用がいちばん高いそうです。

でもそのぶん、卵巣の負担は少ないそうです。うれしいですね!

 

 

 

 

ショート法・ロング法・アンタゴニスト法 どれを選んだらいいの??

で、ここから一番だいじなこと!

「どの方法が自分に一番合っているの??」ということ。

たくさん調べましたが、先に述べておくと、どれを選ぶのか の基準は、病院・先生によって かなり考え方が違うようです。

驚くほどに、本当に いろいろでした…。

f:id:buuuyan:20210206185512j:plain

 

なので、今回は「平均的に共通しているところ」を ピックアップしました。

 

「ショート法」

・高齢の人

・卵巣刺激の反応が鈍い人

「ロング法」

・若い人

・卵巣刺激の反応がいい人

・体外受精初挑戦の人

「アンタゴニスト法」

・全年齢対象

・卵巣刺激の反応がいい人

・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人

・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の可能性がある人

(https://akahoshi.net/contents/study/2078 など参照)

 

f:id:buuuyan:20201212184749j:plain

 

 

どうでしょうか?? これにより、自分に合う方法が 「ざっくり」わかりますね! 

でも前述しましたが、どれを選ぶかの基準は 病院・先生によって 考え方は違うようです。

私は PCOSですが、そんなの関係なく、病院の方針で「アンタゴニスト法」でした。前胞状卵胞を調べたりも しなかったです… 

 

先生「アンタゴニスト法が一番 新しい方法だからね、いいから。ほかは もう古いからね。」

説明は これだけ。

本当に いろいろ。^^;

 

 

f:id:buuuyan:20210206191359j:plain

 (※私に医学的知識はありません。だいたいの概要をつかむために調べてまとめているので、若干のニュアンスの違いはご了承ください。ただ、大きな勘違いなどありましたら、ぜひご連絡ください!)

 

参考にしたサイト

体外受精&顕微授精の成功のカギは【卵巣刺激法】 | 赤ちゃんが欲しい(あかほし)妊活webマガジン