アラフォー30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だそうです。

MENU

《不妊治療》『新鮮胚移植』vs『凍結胚移植』 どっちがいいの?妊娠率は??

 

 

こんにちは。

不妊治療がんばり中の、30代後半の 新米主婦のブログです。

私は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)なので、問答無用で『凍結胚移植』でしたが… やはり気になる。

『新鮮胚移植』『凍結胚移植』妊娠率は どっちがいいの??

f:id:buuuyan:20210206185920j:plain

 

 目次

 

 

 

『新鮮胚移植』と『凍結胚移植』のメリット・デメリット。

まずは 『新鮮胚移植』と『凍結胚移植』それぞれの、メリット・デメリット。

●新鮮胚移植●

<メリット>

・新鮮な『胚』を 移植できる。
・1周期で終わる。
<デメリット>
・卵巣刺激により、子宮環境やホルモン環境が悪い可能性が高い。
・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)発症のリスクが高い。

●凍結胚移植●

<メリット>

・子宮環境を整えることができる。

・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)発症のリスクを回避できる。

<デメリット>

・『胚』に 温度変化という ストレスがかかる。

・最低でも2周期必要。通院回数、費用が増える。

f:id:buuuyan:20210303160848j:plain

一兆一反ですね…。
でもここに書いていない1番の「差」は、『妊娠率』。
 
 

『新鮮胚移植』と『凍結胚移植』の「妊娠率」。

一般的には、『新鮮胚移植』より『凍結胚移植』の方が、妊娠率が高いと言われています。
中には、卵巣刺激の反応が通常の人は 妊娠率に差がない というサイトもありますが、卵巣刺激の反応が良い人に関しては、『新鮮胚移植』より『凍結胚移植』の方が 妊娠率が高いというのは間違いないようです!
なので、卵巣刺激の反応が良い人(多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人など)は、問答無用で『凍結胚移植』になりますね!

それ以外の人に関しては、仮に「差がない」としても、「差がない」のであれば、子宮環境が整う かつ安全な 『凍結胚移植』の方がいいように 感じます…。実際、世の中の流れとして、『新鮮胚移植』から『凍結胚移植』の方が 主流に変わりつつあるようです。

 

最終、やはり『凍結胚移植』の方が優位のようです。といっても、まだ『新鮮胚移植』を主流にされている病院もあるようですし、患者さんの体質や ここまでの経歴などによって、先生のご判断にお任せすることになりますね。^^

 

私は 問答無用で『凍結胚移植』でしたが、「妊娠率」が悪いわけではないようなので、安心しました。

f:id:buuuyan:20210206185455j:plain

 

 

参考にさせていただいたサイト

https://kiba-park.jp/column/c04-0611/

https://www.saiwaicho.com/incho/548/ 

f:id:buuuyan:20210206191359j:plain

 (※私に医学的知識はありません。だいたいの概要をつかむために調べてまとめているので、若干のニュアンスの違いはご了承ください。ただ、大きな勘違いなどありましたら、ぜひご連絡ください!)