アラフォー30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だそうです。

MENU

【不妊治療ブログ】『おめでたラッシュ』が 来ております。

 

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の、30代後半の新米主婦のブログです。

梅雨に入りましたね。

最新の乾燥機がない我が家。

いつ洗濯するか、天気予報とニラメッコデス。

あっぷっぷー。(*´з`)

 

 目次

 

 

 

『おめでたラッシュ』。

最近、『おめでたラッシュ』の波が 来ています。

・旦那サマの お姉ちゃんの 出産。

・私の いとこの家庭の 出産。

・私の昔の会社の同期グループ、ふたり出産。

・旦那サマの 友人夫婦の 妊娠報告。

 

f:id:buuuyan:20210520161957j:plain

 

 

男性の気持ち。

旦那サマの 友人は、家に来て 妊娠報告してくれました。

まだ妊娠2か月、その気持ちが なんだか嬉しいですね。

家族ぐるみで 仲よくしてくれてるので、一緒に話を聞きました。

 

なんと、同じ病院で 検査を受けて、タイミング療法は 行っていたそうです。

びっくりです。

 

そして、男としての 漏れる会話。 

友人1「めっちゃ、俺の精子がおかしいんじゃないだろうか、って不安になったわ。」

友人2「(奥さんが)今日だよ!て、張り切って言ってくれるんすけどね、いや、もう勘弁してって感じですわぁ。。」

 

どこも、一緒なんですね。^^

あまり聞けない男性の気持ち。

とても興味深かったです。

 

 

心の余裕。

普通に 嬉しく、めでたく、楽しく話をしました。

そんな自分に 少し驚きました。

私より ずっと若い奥様だからかな?

 

極力は、こういうおめでた話を、楽しく聞ける心の余裕を持っておきたい。

 

願望です。( ̄▽ ̄)

 

 

これから 心配なこと。

さて、これから。

私の友人は アラフォー。

出産なんてとうに終わっています。(同期の出産は レアでした。)

 

でも 旦那サマの友人関係は、「奥様が若い」パターンがほとんど。

おそらく、これから『おめでた』が続くと思われます。

これからは 旦那サマが しんどいんじゃないかと、心配です。

 

私は、今に始まったことじゃないですからね。

 

旦那サマが 呑気にしてくれてる方が、気楽だったんです。

時には 八つ当たりも 受け入れてくれましたし。

 

とりあえず、

友人が帰った後、ちゃんと旦那サマに伝えました。

「これだけお金と時間を使って 不妊治療してても、いままで喧嘩もせずに やれてこれてるのは、あなたの優しい性格のおかげだ。」

と、素直に 言えました。

感謝してます。

 

「言わなくてもわかる」は 信じていません。

ちゃんと言葉にして伝えることは、必要です。

人間、あした死んでもおかしくない のです。

生きてることに 感謝。。

 

 

f:id:buuuyan:20210520161214j:plain

 

 

ザワザワ、気を緩めると、気にしちゃいます。

 

でも、そんな中、10年くらい前に、5年も頑張って 2人の子を授かっている人がいました。

「みんな、言わないだけで、そんなもんなんじゃない?」って。

 

そう思うと、まだまだですねぇー

私の苦労は 小さいです。

 

私は ぜったい5年も 頑張れません! (=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

 f:id:buuuyan:20200907164509j:plain