30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。

MENU

【妊活 (不妊治療) ブログ】子宮卵管造影検査

 

前回 予約していた『子宮卵管造影検査』をするために、通院です。

目次

 

 

子宮卵管造影検査とは

子宮と卵管に 異常がないかを調べるための検査 だそうです。

卵管の 通り具合・太さ・形・癒着の有無 等がわかるそう。卵管に異常があると、精子が卵巣まで スムーズに行けないんですね。もしくは 排卵後の卵が 子宮に行けないんですね。

子宮も形態に異常があれば、これでわかるそう。

 

子宮卵管造影検査をする時期

検査は、生理が終了してから 排卵までの間の 2日日間でやるそうです。私は生理から7日目に 予約してました。

 

 

子宮卵管造影検査の同意書

痛み や アレルギーショックの可能性があることの了承、ヨードに対するアレルギーがないことの確認、などの項目にチェックして 署名をして 提出をしました。ごく稀なので、そんなに気にすることはなさそうです。

 

子宮卵管造影検査 1日目 造影剤を入れる

「緊張する?」という先生の言葉から始まり、逆に緊張しました。気楽に行ったのに、「大丈夫だからね、リラックスしてね」って先生が やさしくて。そんなに痛いのか!?と逆に ビビる。

レントゲン台で 仰向けになりました。顔色を見たいから マスクははずしてね、と言われ はずしました。なんだか 恥ずかしい。

「いま器具を 入いれたからね、これから 造影剤を 入れるからね。」

液晶画面があって、これね、いま入ってるからね、と白黒の画像を見せられる。正直、見てもなにがなんだか わかんない。

 

「生理の痛みを 10として、今どれくらい?」

うーん、わからない。生理だって うずくまるくらい痛いこともあるし、鈍い痛みのこともあるし。しかも最近は 痛くなりかけたら 鎮痛剤飲むから、最高潮の痛みを 忘れている。

検査は もちろん痛いけど、身体 丸めたいくらい痛いけど、我慢はできる。出産するとき こんなもんじゃないだろし。

「7くらいかな?うん、大丈夫だからね、もう終わるからね。うん、これくらいにして終わろうね。」

いつもと違って 優しい先生のお言葉に甘えて、痛いということにしておいた。笑

 

内膜等に傷があるかも、ということで 抗生剤を処方されました。

帰ってから たしかに鈍痛。あと 少しの出血。

友達が言うほどは 激痛でもなく、なんなく通れる道でした。

 

 

 

子宮卵管造影検査 2日目 レントゲン撮影

翌日に レントゲン撮影です。昨日と同じ台に 仰向け。今度は 服を脱がなくてよかったですお。腹を見せるだけ。

撮影後に 診察室に戻って、白黒の画像を見ながら 言われた言葉は、『まぁまぁ。』

 

 

「うん、まぁまぁ、ね。この白いのね、ちらばっては いるけどね、一応 流れてはいるけどね。もっと 広がってほしいな。この辺とかね、左右にも もっと大きく広がってほしいしね。うん、うーん。造影剤 入れるときも 痛みがあったでしょ? まぁ、悪くはないけど、まぁまぁね。まぁまぁ、だからね。人工授精も考えた方がいいね。」

 

なんだかはっきりしない感じ。笑

悪くはないけど 良くもない、て感じかな。先生は人工授精をと言われたけれど、旦那様と話したことを伝え もう一度タイミング法をしたいと お願いした。先生としては、一刻も はやく進みたいんでしょうね。

病院の 不妊治療実績とかもあるのかな? もしくは 病院の流産率を 上げないために 少しでも若くしたいのかな?

どちらにしても、焦りすぎず、ひとつづつ進めたいと思います。