30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。

MENU

【妊活(不妊治療)ブログ】「基礎体温」と「排卵検査薬」。

 

 

妊活、はじめました。

ネットでいろいろお勉強です。

最近は 情報がたくさんで、助かりますね。

 

『まずは家でできること』から はじめてみました。

 

 

 

①基礎体温

 基本の基礎体温。つけてみました。

私は 若い頃から 生理は 定期的に来ておりません。10代、20代は、1か月飛ぶ なんて普通。30代になてからは 少し安定して、30日~45日くらいの間にくる、という感じ。

 

生理前が しんどすぎて、ピルを飲んで 調整してみたこともあります。

そのときに 基礎体温をつけていたので、慣れていました。

 

f:id:buuuyan:20200710132146j:plain

 

体温計は 下2桁のもの。毎朝 起きて体を起こす前に、舌下で測ります。

が、今回は適当です。

だいたいわかればいいんですよ。(めんどうくさがり。)

 

結果、若い頃と 同じでした。

『だいたい、低体温 と 高体温 が あるっぽい。』

 

ほら、わざわざ 高い体温計 買う必要ないじゃないですか。

結果 いっしょ。

 

それ以上のことは、いくら頑張ってもわかりません。

ムラが ありすぎるのです。

 

 

 

 

 

②排卵検査薬 

次はこれ。買いました。排卵検査薬。

森三中の大島さんの CMのイメージが 強いですよね。

 

 

排卵の前後で、女性の体の中で「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の量の 変化が起こります。

排卵前(低体温期)は「卵胞ホルモン」が多く、排卵後(高体温期)は「黄体ホルモン」が多いです。

 

この検査薬は、排卵後に増える「黄体ホルモン」を作れ と指令を出すホルモン『黄体形成ホルモン(LH)』を 検知してくれる という仕組みです。

 

次回 生理予定の17日前から 使うそうです。

生理予定日が確定しない私は…? はて。とりあえず 生理から14日目から はじめてみました。

 

キャップを取り、尿を かけます。しばらく 待ちます。検査薬に 線が出てきて、判定となります。

意外と 尿をかけるのが難しく、手に ついたり、かけちゃいけないとこまで かかったり… 何度か失敗し、紙コップで取って、付ける方式になりました。その方がおすすめします。

f:id:buuuyan:20200710115151j:plain

 

写真は3日分ですが、実際は 7日間くらい やりました。

「あ、これかも!」って思う反応のあと、「あれ、これかも?」の反応が出たり…

 

要は、わかりません。

 

翌月もやってみましたが、結果は同じ。

 

ぬぅぅ。。

 

はっきりしないので、検査薬のことは 旦那さんに 言いませんでした。

検査薬は無視して、「だいたいこの辺」でタイミングとってました。

 

 

検査薬は 12回で3,000円くらい。

1回で 半分使いました。

2回目で 使い切りました。

 

もったいないではないですか!!

 

ということで、やっぱり とりあえず 病院に行ってみます。

そもそも 異常があったら、この「お金」も「期間」ももったいないです。

 

※後日病院で、この検査薬の結果がわからないのは、私の体の異常のせいとわかりました。検査薬は悪くありません!!!

 

 

 

 

ちなみに 旦那様は、まったく焦っていません。

あまり先のことを考えたり、計画立てたり、できるタイプではないのです。

でも、子供は とってもほしい人。

私も ほしい人。

さらに私は「この人と子育てしてみたい」と思って旦那様と一緒になりました。

 

旦那様が 焦らないから、そのやさしさに 甘えておりましたが、もう36歳。ふたり以上子供が欲しいという願望により、そろそろ 真剣に考えます。

あと、正直に言うと、焦らない旦那様に対して 少々いらだちを抱えている自分がいました。だからこそ、『行動』をとることに決めました。

 

まぁ、優しい人なので、もしかしたら言えないだけ なのかもしれません。

いや、考えてないだけかな…

わからないくらいが、ちょうどいいです。笑