30代後半(アラフォー)不妊治療がんばる 主婦ウシ子 の ブログ。

現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)。お金なくて、バイトしながら ギリギリでで治療しています。

MENU

【不妊治療ブログ】旦那サマとの、意見の違い。

 

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の、30代後半の新米主婦のブログです。

1か月半もの長期出張から、旦那サマが帰ってきてくれました。

 

 目次

 

 

 

病院イヤイヤ病。 

帰ってきてくれたのが嬉しくて。

やっぱりひとりじゃないって、いいですね。

 

でもさっそく、話をしてみました。

最近、私が 病院イヤイヤ病なのです。

 

いつまで不妊治療するのさ?

この先どんな風に考えてるん?

その先、養子縁組も 少しくらいは考えてくれてる…?

 

いざ話しても、旦那サマは積極的には話してくれません。

聞いたことに答えるだけ。

いつもそう。

 

なんとか話して、結果わかったことは、

旦那サマは やはり養子縁組は積極的ではないということ。

 

 

私の考え。

〇どうしても子供を迎え入れたい。2人以上。

年齢にもお金にも、もう余裕がないと思ってる。

 

〇助成金が受け取れる6回までは挑戦して、それでダメだったら治療をやめて、養子縁組を検討する。

血のつながりを重要だとは、私は思わない。

旦那サマだって他人じゃないか。

一緒に暮らすことが大事。

 

 

旦那サマの考え。

〇先のことは考えない、今のことだけを考える。

行き詰ったら、その時に考える。

養子縁組も、行き詰ったときに考える。

 

〇2人の暮らしでもいい。

もちろん子供は ほしい。

でも、子供ありきの結婚ではない。

私が いたら それが一番。

 

落としどころ? 

2人だけでも いいと思っているとは、驚きでした。

わ、今さら、、。笑

 

私は どうしても、子供を迎え入れたいです。 

旦那サマと2人はイヤだ。 

 

私、イやな奴 じゃないですか。ぷ。

 

それでも、お願いしました。

気持ちを素直に伝えて、ごめんって謝って。

 

ということで、今の結論。

・とりあえず助成金 残り3回分は移植を頑張る。

・いったん、そこで止まって、次を考える。

・養子縁組のことも、有りか無しかくらいは、考えていてほしい。

 

 

f:id:buuuyan:20210107171945j:plain

 

夫婦。

もう私もいい年ですし、今さら驚きませんが…

やはり、他人。

考え方が違う。

と、また 改めて痛感しました。

 

それでも、一緒にいたいと思うなんて、変な話です。

トキメキとか、そんなんじゃないですよ。 

 

おもしろいもんですね。

 

いろんな夫婦の話を聞いてみたいナ。

 

 

それにしても、全く考えてくれていないのには、さすがにショックでした…。

何度も 持ち掛けているから、少しくらいは 考えてくれているかと思ったのですが…。

どんなもんなのか、調べてもない。

( ´ー`。)涙

 

「今」のことしか考えない旦那サマに、「先」を考えろと強制しても、無理な話。

 

むー。

もう お金も時間も ないのだー!!

私の気力も ないのだー!!!

 

 

基本 やさしい旦那サマ。

いつも、最終的には 私の意見が通る。

 

今まではそれでもよかったけれど、

子供を迎え入れる話は そうは いかない。

 と、思うのです。

 

もし、私の意見重視で養子縁組をしたとしても、

たぶん旦那サマは メロメロになると思います。

仲のいい家族になると思う。

 

でも、私はきっと、育児を旦那サマに頼れなくなると思う。

「私が決めたんだから!」と 遠慮しちゃう。

 

それは、ダメなんです。

子供が育つ環境は、平等じゃないと。

 

 

 困ったもんです…。

 

 

 

 f:id:buuuyan:20200907164509j:plain