30代後半(アラフォー)不妊治療がんばる 主婦ウシ子 の ブログ。

現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)。お金なくて、バイトしながら ギリギリでで治療しています。

MENU

【不妊治療ブログ】体外受精(自然周期での移植)④-2 移植の予行演習。と、心持ちの変化。

 

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の、30代後半の新米主婦のブログです。

1週間以上ずれこんで、なんとか移植できることになりました!

 

 目次

 

 

 

移植の予行演習。

移植の予行演習とは、移植をスムーズに行うための 先生の事前確認だそうです。子宮の大きさや向き、カテーテルの選定、挿入方向の確認などを するそうです。

D23;排卵確認。

D25;予行演習。

D28;移植。

 

今回の予行演習は、生理から25日目です。

今回の痛みは、少しで済みました。

チリチリ、チクッ!って痛かったですが、我慢できる範囲。

この先生、絶対「気分」で作業にムラがある。(-_-;)

参考に、とんでもなく痛かった日⇒⇒[コチラ]

 

<備忘録>

・前回同様 カテーテルは6.0。

・距離は23㎜と7㎜。(下の絵は前回のものです)

・いつもどおり、お会計はなし。

f:id:buuuyan:20210520151038j:plain

 

 

旦那サマの気持ちの変化。

排卵の確認のために病院へ行ったのですが、まだ卵胞が育っておらず。

次の予約は3日後になりました。

 

ん?3日後って 遅すぎないか?

家に帰って、日数をカウントして、気が付きました。

もし3日後に病院行って、排卵してしまっていたら、移植はできません。

 

(電話で報告)

旦那サマ「病院どうだった?」

私「次は3日後だよ。(上記の話をしました)。」

旦「、、、。」

私「これでダメだったら、先生のせいだね~。笑」

旦「、、明日、病院に電話して聞いてみよ。」

 

なんと。( ゚Д゚)

びっくりしました。

 

治療に関しては、いつも聞くだけです。

今回は、真剣な声で、何度も 言ってきました。

「納得がいかない」そうです。

治療のこと、概要しか知らないのに。(←これに不満はありません。)

 

納得がいかないとは言っていますが、要は、移植できずに1か月ズレこむのが嫌だそうです。

 

はじめて聞きました。

旦那サマの口から。

 

今までは、焦るそぶりを 全く見せなかった。

たぶん優しさ。

でもどうやら、かなりり始めたようです。

 

私「焦りはじめたんだね。」

旦「そりゃ、思うよ。1か月は長いよ。」

 

最近、とても積極的に話を聞いてくれるはずです。

一緒に 治療に向き合っている感じがあって、嬉しいです。

でも、申し訳なさもあって、少し複雑です。

 

 

私の心持ちの変化。

上記の結果、私は 翌朝、病院に電話しました。

受付の人に「卵が小さいからだと思うんですけど」と言われました。

それ以上聞けないで終わりました。

それにより、移植に挑戦できないかも?となりました。(最終は移植できることになりました。)

 

もっと 強く聞くべきだったんじゃないか?

と、情けない自分に 凹んでいました。

 

そのあと、2人の女性の声を聞く機会がありました。

ひとりは、先生にガンガン質問攻めにしている人。

もうひとりは、恐らく恥ずかしい状態(内診中か、下半身すっぽんぽんか)のはずなのに、普通に全生と会話していた人。

(コロナ対策で声が漏れやすくなっているためと思われます。もちろ顔は見えていません。)

 

 

なんでしょうね。

自分と比べて、何が違うのか。

 

いろいろと 考えさせられました。

 

ここの先生は、診察終わったらサッサと次に行ってしまうので、なかなかお話できません。

内診しながら先生しゃべりかけてくるので、たぶん、それでお話したことになってる。

 

私は内診中は、「はい」くらいしか答えません。 

理由はふたつ。

・「なんでこんな状態で話さなきゃならんのだ」っていう不満。

・緊張してるし、内診に気がいってるし、会話するまで 頭がまわらない。

 

 

うーん、、

 

よし。

 

内診(超音波検査)をしている最中でも、頑張って話をしよう!

 

先生「前回、何時に来たっけ?朝だったよね?」

私「え、前回?…えっと、えっと、、あ、朝です!9時半でした!」

 

グリグリしながらです。(汚くてスミマセン)

めっちゃ受け答えに時間かかりました。

 

なんか 疲れた…。

 

でも その延長で。

なんと!

土曜日の朝の予約をゲットできたんです!!( ゚Д゚)

 

最近は 受付で断られ続けてたんです。

「朝は予約いっぱいです。12時半しか無理です。」

でも、今日は受付に行ったら、

「朝のご予約ですね」って言われた。

 

こんなに簡単に、朝の予約が取れるなんて…。

前回の私の苦悩は なんだったんでしょう。



お恥ずかしい話なのですが、最近、また弱気になってました。 

人に股向けて、何度も何度も、もう嫌気がさしていたんです。

気にしないぞ!

みんな一緒だ!

って思って ここまで来ましたが、最近ダメで…。

 

ガリガリで骸骨みたいな体です。

治療を始めて 夜の営みも 減る一方。

知らず、不安が増えていましたね。

 

 

だめですね。

病院のせいや、先生のせいに してる暇ないな。

この病院を選んで 通っているのは 自分の意志です。 

 

長い人生、今だけだ。

 

 

と思い直した、今日この頃です。

 

f:id:buuuyan:20210324201259j:plain

 

(何度も同じようなこと繰り返してますね。)

 

 

余談。

そして余談。

上記の診察のあと、看護士さんが移植日の説明をしてくれた時の話。

排卵確認から4日後に移植日を指定されました。

今まで5日後だったのに。

 

いつもの私なら「そんなものか」とか、「他の予約との兼ね合いかな」とかで 終わらせていたと思います。

 

でも、この日の私はった!(; ・`д・´)

聞きなおしました。

 

そしたらなんと、看護師さんのカウント間違いでした。

 

危なかった…。。

 

 

 

f:id:buuuyan:20210713224215j:plain

 

 

 

 f:id:buuuyan:20200907164509j:plain