30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。

MENU

【妊活(不妊治療)ブログ】卵胞 育ちすぎ、クロミッドの効きすぎ?

 

目次

 

 卵胞の大きさ確認

 生理から 12日目。連休のど真ん中です。開院と同時に病院へ。

今日も 年配の女性の先生でした。

「しっかり卵胞育ってますね」

の言葉に、ホッ。。よかったですぅ と返答してすぐ…。

「あれ、しっかり、育ちすぎてるねぇ。これは だめかなぁ。うーん。」

 

??の気持ちです。

 

クロミッドの効きすぎ

今回 育った卵胞は、すべて 右に4つ。20mm 19mm 18mm 16mm。こんなに 大きな卵胞が たくさんあると、『卵巣過剰刺激症候群』になる可能性があるのだそう。危険な域なので、残念ながら 排卵は させられない。自然に 生理が来るまで 待つしかないそう。生理を来させる薬も 使いません。タイミングも しないで、とのこと。

 

がっくり。

 

「クロミッドが 効きすぎてるね」と言われたので、セキソビットに戻すのは どうなのか?を聞いてみました。一度はセキソビットで 元気に卵胞育っているのです。2回目に育たず、すぐにクロミッドに変わりました。前回も 腹痛がひどかったし、戻したい。

「院長先生の判断ですね。生理が来たら きてくださいね。」

 

…はい。 

 

 

卵巣過剰刺激症候群の話

でも、先生の口から『卵巣過剰刺激症候群』という言葉を聞けました。前回 排卵時期が 尋常じゃなく痛く、もがきました。院長先生に伝えても、「なんでかなぁ、排卵痛かなぁ」くらいの言葉しか もらえてませんでした。女性の先生の口から「卵巣過剰刺激症候群」という言葉を聞けて、やっぱり そうだったんだ! 少し安心しました。

 卵巣過剰刺激症候群については こちら ↓

ninnkatsu.hatenablog.jp

 

旦那様への報告

家に帰って 旦那様に伝えると、めずらしく 目に見える「残念感」。来月は 仕事で不在期間が長く、重なるかも?とのこと。

前もって日にちを計算して、考えてくれていたことに 驚きました。今まですべて私が数えて、その時々で 伝えていたので、興味がないのだと思っていました。少し腹立たしく思っていたことなので、なんだかとても嬉しかったです。

 

次回に備えて

今回の生理は おそらく時間がかかるよ、と先生に言われていました。私の身体は もともと排卵しにくいです。さらに クロミッドを服用すると、ほぼ排卵しないのだそう。もともと生理が来るのが遅い上に、排卵しないとなると、かなり ずれ込むと思われます。40日超えも覚悟かな。なので、出張は 重ならないかもだよ、と伝えてます。

 

生理前症状が いつもしんどいので、40日となると、今から憂鬱です…

でも とりあえず、今月は のんびり。です。たまには いいですね。