30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

35歳で結婚。36歳で妊活はじめました。

MENU

《妊活》不妊 と インスリン。

 

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の、30代後半の新米主婦です。

 

前回『グルテン』を勉強し、グルテンフリー生活を検証することにしました。

その延長。

『インスリン』が「不妊」に大きく影響する?

ほんと??

という内容です。 

 

 目次

 

f:id:buuuyan:20200709150617p:plain

 

 

インスリンとは

「血糖値」を コントロールする酵素。

みんな持ってます。

ご飯を食べて 血糖値が上がると、血中インスリンが増えて 血糖値を下げます。

血糖値が下がったら、役目を終えて 血中インスリンは減っていきます。

重要なお仕事してる子です。

 

 

 

インスリンの異常

糖分を過剰に摂取したりすると、

血中インスリンが常に高くなり(「高インスリン血症」)

インスリンが糖のコントロールをできなくなる(「インスリン抵抗性」)状態になります。(下図)

その先が、いわゆる『糖尿病』ですね。 

f:id:buuuyan:20200904111918j:plain

糖分の過剰摂取をしていなくても、※先天的にこの機能が弱い人もいるそうです。 

 

 

 

 

インスリンが高いと不妊に問題?

インスリンの機能の中で、「不妊」に関わる部分にピックアップして調べてみると、、、

f:id:buuuyan:20200904111922j:plain

インスリンは、黄体形成ホルモン(LH)の感受性を高めるそう。

元気になった黄体形成ホルモン(LH)は、男性ホルモンの産生を促進します。

増えた男性ホルモンは、卵胞の発育抑制や、卵質を低下させちゃいます。

 

簡単にまとめると、

インスリンが、卵胞発育抑制・卵質低下 を引き起こす!ってこと。

 

 

 

 

多嚢性卵巣症候群(PCOS)とインスリン

詳しいサイトを見つけました。

PCOSの主たる病因はインスリン抵抗性(insulin resistans)とされており 、ビグアナイド系の糖尿病治療薬であるメトホルミン(metformin)の投与で排卵、妊娠率が改善する 。

(からだサポート研究所より)

PCOSの 主たる原因は「インスリン抵抗性」…と書かれています。PCOSの人の血液検査をすると、インスリン抵抗性を示す人も多いとか。。


上記に書いてきたように、インスリンは女性ホルモンや男性ホルモンのバランスを崩してしまうかりですね。

PCOSの診断基準に、ホルモンのバランスが崩れている「LHがFSHより高い」というのがあり、このことですね。

 

そして、卵胞発育抑制や卵質低下が起きてしまう。

なるほどー…。

 

 

インスリン抵抗性は、血液検査で調べることができるそうです。

糖尿病治療薬で改善がみられる(上記引用より)というのは、うれしい話です。

 

 

が! 興味深いのはここ!

しかし不妊は卵胞や子宮内膜でのインスリン作用不全のみでも起こりうるため、高血糖や糖尿病検査値異常などの全身的徴候を必ずしも伴わない 。

(からだサポート研究所より)

卵巣・子宮でのみ インスリンの作用がおかしくなり、全身のインスリン作用は健全で、血液検査では異常がないこともある。ということ。

 

となると、PCOSの原因=インスリンかどうか、一般の人には わからないではないか!

しかもその場合糖尿病治療薬も 効かないってこと…?

 

「不妊症とインスリンに関する研究はまだ多くない。」と書かれていますし、今後わかっていくことなのかな。という結論ですね。

 

 

 

グルテン と インスリン

ここで急ですが、前回ブログで考えたグルテンの話。

グルテンが多く含まれる「小麦」には、血糖値を急上昇させる成分が多く含まれます。(吸収のはやい糖質 アミロペクチンA)

それにより、インスリンの負担が多く、インスリンの異常に繋がりやすいんですね。

インスリンに少しでも不安がある方は、少し控えたほうがいいかもしれないです。

 

※グルテンは、ほかの理由からも「不妊」との関係は話題が多いです。

ninnkatsu.hatenablog.jp

 

 

 

私の場合

はてはて。

私はPCOSだとは診断されていますが、インスリンの話は聞いたことがありません。

過去の血液検査を振り返って見てみましたが、それらしい項目はなく…

 

とりあえず、お薬で卵胞は育っていますし、排卵注射で排卵はできているようなんですね。だから先生は何も言わないのかな?

(もともと説明はほとんどない病院なので。)

 

あんまり、過敏になるのは好きじゃないのです。

いいだしたら、全部気になるじゃないですか。

きりがない。

 

不妊症の病因には2型糖尿病と共通した点がある。

(からだサポート研究所より)

家系から、私は2型糖尿病のリスクは高いです。

なので この話、頭の片隅には、常に入れておこうと思います。。

グルテンフリー生活は続けているので、インスリンの機能にも、効果あるかな~(^^)

 

 

※私に医学的知識はありません。もし記載内容に誤りがあったり、新しい情報等ありましたら、ご連絡お願いします。m(__)m