アラフォー30代後半 妊活(不妊治療)がんばる 新米主婦 の ブログ

現在37歳。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)。お金なくて、バイトしながら ギリギリでで治療しています。

MENU

《不妊治療》体外受精 アゴニスト・アンタゴニストの違い!? どちらを選べばいいの??

 

こんにちは。不妊治療がんばり中の30代後半の新米主婦のブログです。

体外受精に挑戦したく、ネットで調べて、ひとつづつ、理解中です。

 

今回は『アゴニスト』と『アンタゴニスト』。

『GnRHアゴニスト』の役割は、卵胞を育てるのか?排卵を抑制させるのか??

両方が出てきて、わけがわからないのです…。

 

不妊治療 情報《目次》

 

◆体外受精前の疑問◆  

・『GnRHアゴニスト』『GnRHアンタゴニスト』違いは?

 

・『GnRHアゴニスト』は卵胞を作るの?排卵を止めるの??

・どちらを どのように 選べばいいの??


f:id:buuuyan:20210519174547j:plain

 

目次

 

 

 

 

 

まずは『GnRHアゴニスト』『GnRHアンタゴニスト』の前についている『GnRH』。

これってなんなんでしょうか?

 

『GnRH』とは?

『GnRH(ゴナトロピン放出因子)とは…

f:id:buuuyan:20201127181119p:plain

もともと 体内に存在するホルモン。

・「FSH」「LH」を脳から放出させる働きをします。

 

『GnRH(ゴナトロピン放出因子)』とは、もともと体内に存在するホルモンです。女性の身体の周期に合わせて、『GnRH』は脳に指令を送り、女性ホルモン「FSH(卵胞刺激ホルモン)」「LH(黄体形成ホルモン)(これらをゴナトロピンといいます)を脳から放出させます。脳から出てきた「FSH・LH」は 卵胞を育て、成熟させて、排卵させます。

 f:id:buuuyan:20201204201925j:plain

  

 

 

では次に、『GnRHアゴニスト』『GnRHアンタゴニスト』の後ろの部分、『アゴニスト』『アンタゴニスト』とは なんでしょうか?

 

『アゴニスト』『アンタゴニスト』とは?

『アゴニスト』『アンタゴニスト』とは、お薬の「種類」

 

『GnRHアゴニスト』『GnRHアンタゴニスト』を理解する前に、そもそも、アゴニスト・アンタゴニストとは、『GnRH』に限ったものではなく、お薬の「種類」を指しているそうなんです。(以下より)

『受容体と結合して神経伝達物質やホルモンと同様の作用を起こす(細胞を活性化させる)物質をアゴニスト(作動薬・刺激薬)といいます。一方、受容体と結合しても作用を現さず(活性化しない)、本来結合するはずの神経伝達物質やホルモンの働きを阻害(そがい)する物質をアンタゴニスト(拮抗薬(きっこうやく)・遮断薬(しゃだんやく))といいます。http://www.jpma.or.jp/medicine/med_qa/info_qa55/q07.html

 

わかりやすくまとめると、

アゴニスト  …同じ作用をする薬。

  ↑↓ (拮抗)

アンタゴニスト…作用を邪魔(の作用)する薬。

 

つまり、

・GnRHアゴニスト  …GnRH同じ作用をする薬。

  ↑↓ (拮抗)

・GnRHアンタゴニスト…GnRHの作用をする薬。

 

つまりつまり、

・GnRHアゴニスト  …「FSH・LH」させる

  ↑↓ (拮抗)

・GnRHアンタゴニスト「FSH・LH」める

 

 

 

ふたつは 「逆」の働きをするんですね!(拮抗)

f:id:buuuyan:20210206185517j:plain



 

次は、ひとつづつ、掘り下げていきます。

 

 

 

①『GnRHアゴニスト』。

『GnRHアゴニスト製剤』は、「ブレセキュア点鼻」を使っている人が多いようですね。

上記の内容より、『GnRHアゴニスト』の働きは 以下のようにまとまります。

『GnRHアゴニスト

GnRHとじ働きをして、脳から「FSH・LH」を放出させる。

 

⇒結果、卵胞を育て 成熟させる

 

f:id:buuuyan:20201212200539j:plain

 

 

『GnRHアゴニスト(お薬)』は、『GnRH(体内のホルモン)』と同じ働きをするので「FSH」「LH」を身体から出させ、卵胞を育て成熟させます。(「ショート法」と呼ばれる方法で使われます。)

が、ここで終われません。『GnRHアゴニスト』を「長期間」利用すると、なんと、結果が変わるのだそうです!( ゚Д゚) 

『GnRHアゴニスト』を長期間投与すると、『GnRH』と同じ働きで「FSH」「LH」を長い期間、身体から出させ続けることになります。その期間が長くなると、脳は「FSH」「LH」を出しすぎて、疲れて、麻痺してきちゃうそうなんです。そして麻痺した脳は、「FSH」「LH」を出さなくなってしまうのだとか…。

つまり、『GnRHアゴニスト』を長期間利用すると、脳から放出される「FSH」「LH」が止められてしまい、卵巣の機能は 抑制されてしまうのです。本来の『GnRH』と「逆」の結果になるのです。(「ロング法」と呼ばれる方法で使われます。)

なるほど、それで『GnRHアゴニスト』の役割を調べると、「卵胞を育てる」と「排卵を抑制させる」の両方が出てくるわけですね!

まとめると、

『GnRHアゴニスト』期間利用

⇒卵巣を刺激して、卵胞を育てる。

 

『GnRHアゴニスト』期間利用

⇒卵巣の機能を抑制する。排卵を止める。

 f:id:buuuyan:20210206185504j:plain

 

 

②『GnRHアンタゴニスト』。

GnRHアンタゴニスト製剤』は、「セトロタイト注射」を使っている人が多いようですね。

 『GnRHアンタゴニスト』については、シンプルでした。機能そのままの結果となるそうです。

『GnRH』(体内に存在するホルモン)

…脳から「FSH」「LH」を出させて、卵胞を育て 成熟させる働きをする。

『GnRHアンタゴニスト』(お薬)

…GnRHと「逆」の働きをする。脳からの「FSH」「LH」の放出を止めて、卵巣の機能を抑制する。

f:id:buuuyan:20201212200534j:plain

 

『GnRHアンタゴニスト』は『GnRH』と逆の働きをするので、脳からの「FSH」「LH」の放出を止めて、卵巣の機能を抑制します。(卵巣の機能を抑制するのは、採卵する前に 自然に排卵してしまうのを止めるためです。)

『GnRHアンタゴニスト』利用

⇒卵巣の機能を抑制する。排卵を止める。

 

  

 

まとめると…

GnRHアゴニストとGnRHアンタゴニストの違い。

『GnRHアゴニスト』…GnRHと同じ働きをする。

『GnRHアンタゴニスト』…GnRHと逆の働きをする。

 

それぞれが もたらす効果

『GnRHアゴニスト』期間利用⇒卵巣を刺激して、卵胞を育てる。

『GnRHアゴニスト』期間利用⇒卵巣の機能を抑制する。

『GnRHアンタゴニスト』利用 ⇒卵巣の機能を抑制する。

 

 f:id:buuuyan:20210206185455j:plain

 

 

どちらのお薬を、どのように 選べばよいの??

『GnRHアゴニスト』と『GnRHアンタゴニスト』の違いを なんとか理解できました。なかなか ややこしいですね…。(-”- ) では、最終。「どんな人が、どのお薬を どのように選ぶのが適切なのか?。いちばん大事なこと!それについては、こちらへ。→[ショート・ロング・アンタゴニストの違い]

 

 

  

私の脳みそでは なかなか難しいです。

ひとつづ、です。。(^^;

 

 

 

 

f:id:buuuyan:20210206191359j:plain

 

(※私に医学的知識はありません。だいたいの概要をつかむために調べてまとめているので、若干のニュアンスの違いはご了承ください。ただ、大きな勘違いなどありましたら、ぜひご連絡ください!)

 

参考にさせていただいたサイト

Q7 くすりはどのようにして効くのですか。 | くすりについて | 日本製薬工業協会